1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  03 ,2017

― 千葉・房総林道探訪中 ―


プロフィール

でがしらいちろう

  • Author:でがしらいちろう
  • サラリーマン・バイカー&
    スロッター
    (現在廃業中)
    直接のお問い合わせは・・・・
     degashira■gmail.com
    (■をアットマークに)まで。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

- PR -
【取り寄せ商品】 DIA-COMPE DL800 1個 ダイアコ...

【取り寄せ商品】 DIA-COMPE DL800 1個 ダイアコ...
価格:1,410円(税込、送料別)

ブログ内検索
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

27

Category: ┣ 550 / Interlagos

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Doppelganger 550/Interlagos(20)
 カーボンフォーク化に伴い、シフターの位置をハンドルバーからコラムマウントに変更してみました。


 マウントはディズナ製。これにより10mmのスペーサも不要になります。

 まだハンドルに装着していた時ほどスムーズに操作はできませんが、まぁ、そのうち慣れるでしょう。何よりハンドル周りがすっきりとしたことが収穫かと思っています。

Continue

15

Category: ┣ 550 / Interlagos

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Doppelganger 550 / Interlagos(19)
 ノーマルの状態ではこの550/Interlagos、フロントにディスクブレーキがおごられていますが、そこはフレーム・フォークのみのアウトレット購入、ディスクブレーキの構成品(キャリパー、ハブ、ディスク)は一切合財付いていませんでしたのでサイドプルキャリパーにせざるを得ませんでした。

 またこのノーマルのフォークはスチール。おそらく鈍(なまくら)の鉄であることは、販売価格を見る限りでは疑う余地もありません。Cr-Moだったら宣伝文句にもなっていたでしょうし。

 これに対する不満は何と言っても重いことで、走行中はあまり気にならないものの、輪行時に肩に担いだ時の重さとバランスの悪さはお世辞にも良いとは言えない状態だったりもするのでした。

 年の瀬も押し迫った2011年末。タイの水害の甚大な被害にも関わらず捻出してくれた賞与により、懐は普段より暖かく、下手な倍増計画を企てる前にこういう時でしか購入できない高額部品に手を出してみたのがこれ。


 以前より注目していたカーボンのフォークです。

 配達された梱包状態のそれを受け取った時点ですでにその軽さに驚きました(フォーク重量:390g)。

 550/Interlagosでの換装は比較的簡単で、コラム長362mmとノーマルフォークより  mm長い程度だったので、特にカット等寸詰めはしないで装着しています。

 早速、車体を持ち上げると「軽っ」。後日になりますが、重量を測定してもらったところ、スタンドや保安部品の装着された状態で9.5kgで、流石に10kgを下回るとホント、軽く感じます。

 外観上、先にカーボン化されたシートポストのデザインともマッチし、そこそこ派手さも抑えられつつよろしい感じになっているのではと、個人的にはほくそ笑んでます。

 ただし、価格的にはそれなりになりますので、それなりの覚悟と交渉が必要になったことは言うに及びませんでした。

Continue

10

Category: ┣ 550 / Interlagos

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Doppelganger 550 / Interlagos(18)
 「サドルの旅」と言われるくらい自分の尻にあったサドルを探すのは困難だったりするそうですが、自分の場合、ほぼ一択でVelo製を使用しているのでそこまでに至ることはないのですが、むしろシートポストに関してはこれで4本目になり、小旅行程度には本数を重ねてきているようにも思えます。

 でもその迷走もこれで終着!と換装したのがこのポスト。泣く子も笑うカーボン製です。

 確かに金属のそれよりもシナリがあり、サスペンション付きまでとはいかなくとも若干の衝撃吸収性は期待できそうで、腰に優しそうです。もっともこの腰に優しく、軽量で輪行時の負担も少ないという点をクローズアップし、当家台所役に予算計上したりもしまして。

 装着に関しての問題点は1つ。ヤグラのサドルをクランプするボルト(SSH)で、小径車に装着する場合、シートチューブが寝ているため、ボルト長が短い(でもギリギリ・・・・以下かな)ので、現物を装着して場合によっては別途用意した方がよいかもしれません。

 あと、所詮カーボンのパイプですので、横からの圧力には弱く、シートポストに取り付けるタイプのリアキャリアの装着はおそらく止めておいた方が無難でしょう。

 装着に関しては、シートチューブとの摩擦が低いので  を塗布しましたが、こと自分の車体において必須ではなかったようにも思えます。

 地味目ながらも赤と白で彩られたロゴと車体のカラーリングもマッチし、カーボン柄が醸し出すスポーティな印象も結構、気に入っています。

Continue

06

Category: ┣ 206 / Streak

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

シフター ― Doppelganger 206 / Streak
本体
 ↓
タイヤ(KENDA K-WEST 20x1.50 黒)
 ↓
7速化(DNP LY-1107KF;11-28T)
 ↓
■テールランプ(CATEYE TL-LD130-R)
 ↓
チェーンリング(52T)+クランク(Doppelganger)
 ↓
シートポスト(ロングタイプ;Doppelganger)
 ↓
■サイコン
 ↓
カセット式ボトムブラケット(シマノ BB-UN54;φ68/L=118mm)
 ↓
サドル(VELO Plush VL-1050)
 ↓
変速機(Tournery RD-TX71)
 ↓
ハンドルポスト(11/01)
 ↓
フロントホイール(リム、ハブ;ARAYA GP-710 & Quando)
 ↓
リアホイール(リム、ハブ;不明 & Quando7速用)
 ↓
シフター(マウント;ディズナ + レバーシフター;ダイアコンペ) ←今ココ

 (調整が)へたくそであることは否定しませんが、どうもDNPボスフリー7速とシマノのインデックスって相性が悪いのか、全域に渡ってではなかなかいいところが出せません。

 となるとやはりコレの登場になるかと。



<ラチェットシフター;DIACOMPE>

 フリクションレバーはすでに550/Interlagosに装着しているので、違和感や不慣れはなし。逆に慣れてくるとインデックスがない方が使いやすくなったりして。
 そのレバーのマウントはDIXNAのハンドルレバーマウントで、これも550で使用していたそのものの右側を移植しました。

Continue

12

Category: ┣ 550 / Interlagos

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Doppelganger 550 / Interlagos(17)
 451化で変更になる部分はホイールそのものだけではなく、ブレーキもスタンダードサイズのアーム長のキャリパへ換装するようになります。

 そもそも550/インテルラゴスはフロントにディスク、リアにVブレを採用していますが、この550はフレームだけのものを入手して、シェイクダウンの時からキャリパーブレーキを装着していましたので、換装には手間がかかりませんでした。

 スタンダードなアーム長のキャリパーはそれこそ幾種もの製品がリリースされているので目移りします。

 で、ハブやRDで使用している45系ティアを装着してみました。シューだけはそれまで装着していたTEKTRO R556のものに換装しています(もったいないから)。

 アーム長が短くなった為か、ブレーキのダイレクト感が増した・・・・ようにも思えます。


Continue

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。