1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

― 千葉・房総林道探訪中 ―


プロフィール

でがしらいちろう

  • Author:でがしらいちろう
  • サラリーマン・バイカー&
    スロッター
    (現在廃業中)
    直接のお問い合わせは・・・・
     degashira■gmail.com
    (■をアットマークに)まで。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

- PR -
【取り寄せ商品】 DIA-COMPE DL800 1個 ダイアコ...

【取り寄せ商品】 DIA-COMPE DL800 1個 ダイアコ...
価格:1,410円(税込、送料別)

ブログ内検索
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

31

Category: ┣ 206 / Streak

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

フロントホイール ― Doppelganger 206 / Streak
本体
 ↓
タイヤ(KENDA K-WEST 20x1.50 黒)
 ↓
7速化(DNP LY-1107KF;11-28T)
 ↓
■テールランプ(CATEYE TL-LD130-R)
 ↓
チェーンリング(52T)+クランク(Doppelganger)
 ↓
シートポスト(ロングタイプ;Doppelganger)
 ↓
■サイコン
 ↓
カセット式ボトムブラケット(シマノ BB-UN54;φ68/L=118mm)
 ↓
サドル(VELO Plush VL-1050)
 ↓
変速機(Tournery RD-TX71)
 ↓
ハンドルポスト(11/01)
 ↓
フロントホイール(リム、ハブ;ARAYA GP-710 & Quando) ←今ココ


 なんか、この書き出しは久しぶりです。

 当家でのDoppel初号機であり、旗艦的存在であった206 / Streakは後進の204 / Bellair(SS+コースターブレーキ)や550 / Interlagos、同形式の206 / Streak(内装3段)らのロールアウトにより、哀れオブジェ化(部品取り化)して、部屋の片隅でうっすらとホコリが積もりはじめていました。

 しかし、550 / Interlagosのドライブトレインの改装の長期化が懸念され、この206 / Streakの再去就案が急浮上し、復元といくつかの変更を突貫工事で進めることにしました。

 先ずはフロントホイールから。
変更は必須ではなかったものの、550 / Interlagosで使用していたQuandoのQRハブ(36H)があったので、それに換装しようとさくっとバラしてみると、206 / Streakのノーマル状態のスポーク数は前後輪とも28本だったことに恥ずかしながらそのときになってを気が付きました。

DOPPELGANGER 206 / streak
<フロントハブ;Quando>

 さてどうするか。
あまりお金もかけられないし、28Hのフロントハブなど格安品では見かけないし。元の状態に復元するのも面倒だし。

 しようがないので死蔵していたアラヤの20インチ(GP710;20(406)x1.5)が36Hだったので、それに組み付けてみました。

DOPPELGANGER 206 / streak
<ARAYA GP-710 ;20x1.50 36H>

 組み方はノーマルの2交差に対して3交差にすると計算上ではスポークの長さは同じ(188mm)になるので、不足分(8本)のスポークとニップルを追加し、3交差で組めば出来上がり。

 次はリアハブです。



【備忘録】
- 純正スポーク長(前):188mm /径:φ2.0(#14)
- ニップル長:12mm
- ARAYA GP-710
  a. ERD(有効リム径):
  b. ホール数:36H
  c. ホールオフセット:2mm
  d. バルブ穴:英式
- QUANDO フロントハブ
  a. ホール数:36H
  b. PCD:φ45
  c. ホール径:2.5mm
  d. OLD:100mm
  e. フランジ厚:3mm
  
関連記事

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。