1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  04 ,2017

― 千葉・房総林道探訪中 ―


プロフィール

でがしらいちろう

  • Author:でがしらいちろう
  • サラリーマン・バイカー&
    スロッター
    (現在廃業中)
    直接のお問い合わせは・・・・
     degashira■gmail.com
    (■をアットマークに)まで。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

- PR -
【取り寄せ商品】 DIA-COMPE DL800 1個 ダイアコ...

【取り寄せ商品】 DIA-COMPE DL800 1個 ダイアコ...
価格:1,410円(税込、送料別)

ブログ内検索
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

04

Category: ┣ ARUN MSB-206AS

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ハブダイナモ ― MSB-206AS
車体
 ↓
■テールライト・サイクルコンピューター
 ↓
サドル
 ↓
チェーンホイール・クランク
 ↓
カセット式BB
 ↓
シートポスト、シートポストシム
 ↓
ブレーキキャリパー
 ↓
警鐘(ベル)
 ↓
ブレーキシュー
 ↓
スーパーバルブ
 ↓
ハンドルポスト
 ↓
ステム
 ↓
ハンドルバー
 ↓
ハブダイナモ ←今ココ


 久しく手を入れてなかったMSB-206ASをハブダイナモ化してみました。付属していたハンドル取り付けタイプのLEDライトがすぐに脱落してしまうようになり、茨城弁で言うと”いじ妬ける”らしく、ならば光量アップも見込んで固定ライトを装着しようと思った次第であります。


<ま、こんな感じ>

 ハブダイナモ本体はSANYO製1線式6V2.4Wのものですが手に持って見ると重いです。ライトも同じSANYOの自動点灯式のLEDライトにしましたが、同じメーカ同士なら接続も楽だろうという安易な発想からです(これは正解)。

<ハブダイナモ;SANYO>

 まずはフロントホイールを分解し、ノーマルのハブを摘出。そして他の長めのスポークをハブダイナモのサイズに合うように計算しておいておいた長さに切断。ホーザンのCL-700(スポークねじ切機)でねじ山を立て直します。36H分もあるので結構地味な作業のくりかえしになり、飽きてきます。軒下作業の寒さから何度か心が折れました。で、再組み立て。


<ヘッドライト;SANYO>

 ライトは普通はフロントフォークにステーが溶接されていますが、格安車にはそんなものを付けられておくようなことはなく、もちろんステーはありませんので、何かしらでステーをフォークにチューブの切れ端を巻いて適当なバンド材で止めました。

 そのままでは車体アースと絶縁されているので、電線の切れ端(なんか切れっぱしばかりだな)をライト本体のステーとハブ軸をつなぎます。

 早速、発光の具合を確かめようと転がしましたが、手押しくらいの速度から発光します。光量は思った程ではありませんでした(SB-355"閃"とかを知ってしまうと)が、付属のLEDランプよりはだいぶ明るくなりました。ただし停車時の点滅動作はなく、走行時の前照灯のみとなっています。

 昼間は自動消灯するらしいので、明るい間にも乗り出して確認してみます。

 大きい車輪に使用されることが前提なのでしょうから、ペダルの踏み込みがもっと重たく感じるようになるかと思いましたが、予想していたほどではありません。ただし重量はそれなりにかさみましたので、玄関への収納時などはさ若干重く感じましたが、この点だけはいたしかたの無いことと諦めます。

<前カゴは外した状態>

 取り付けの際、前カゴを外してみましたが、この状態だと外観的には結構、スポーティにな感じもします。フルフェンダーを外すとさらにそう見えるかもしれませんね。

関連記事

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。