1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2017

― 千葉・房総林道探訪中 ―


プロフィール

でがしらいちろう

  • Author:でがしらいちろう
  • サラリーマン・バイカー&
    スロッター
    (現在廃業中)
    直接のお問い合わせは・・・・
     degashira■gmail.com
    (■をアットマークに)まで。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

- PR -
【取り寄せ商品】 DIA-COMPE DL800 1個 ダイアコ...

【取り寄せ商品】 DIA-COMPE DL800 1個 ダイアコ...
価格:1,410円(税込、送料別)

ブログ内検索
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

14

Category: ハンガー(格納庫)

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

ルーキー20SR、墜落
ルーキー20SR
<大破した胴体>

6/13(土)は湿度が高めなものの風もなく、入梅前の絶好の飛行日和。
しかーし、そんな日にこそしのび寄る悪夢の影・・・・百聞は一見にしかず。ご覧ください。

ルーキー20SR
<内部>

さいわい、具(受信機、サーボ)は無事であった。

ルーキー20SR
<主翼>

主翼は前縁が大きくへこみ、全縁材が折れているが筋交いの効果が出て、衝撃の割りにしっかりしている。

ルーキー20SR
<翼端>

左翼端が破損しているが、この程度なら修理可能。

ルーキー20SR
<主翼後部>

エルロンは吹き飛び、ホーンは露出され曲がっている。

ルーキー20SR
<尾翼>

大破した胴体から外れた尾翼。水平尾翼、垂直尾翼は意外なほど無傷に近い。

ルーキー20SR
<エンジン>

快調だった25FP。ブロックでボッキリと折れた状況から衝撃の大きさが伺い知れるかと思う。結局、腰下は発見されなかった。

ルーキー20SR
<タンク>

配管に曲がりがあるものの、無傷だったタンク。取り付けに一番苦労した部分だけあって、設置方法が正しかったことの証拠品である。


・・・・と、まぁ、墜っこっちまったんだけど、もちろん

なおそうかと。






関連記事

Comments

こんにちは。

今更ですが、前からいっちゃったんですね。
改修可能なのでしょうか?
コメントありがとうございます!

そう、頭から落ちてゆきました。
ゆえにエンジンも割れちゃうくらいに大破してしまったんですねー。

修復は大変そうですが、少しずつ直してみようと思ってます。同じエンジンも譲ってもらえたことですし・・・・

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。