1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

― 千葉・房総林道探訪中 ―


プロフィール

でがしらいちろう

  • Author:でがしらいちろう
  • サラリーマン・バイカー&
    スロッター
    (現在廃業中)
    直接のお問い合わせは・・・・
     degashira■gmail.com
    (■をアットマークに)まで。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

- PR -
【取り寄せ商品】 DIA-COMPE DL800 1個 ダイアコ...

【取り寄せ商品】 DIA-COMPE DL800 1個 ダイアコ...
価格:1,410円(税込、送料別)

ブログ内検索
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10

Category: 雑記・その他

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ホンダコレクションホール
ホンダコレクションホール
<入り口>

いままで幾度となく足を運んでいるツインリンクもてぎですが、競技に夢中になり、その中のホンダコレクションホールに踏み入ったことはありませんでした。

今回はちょっと時間の余裕もあり、そんなに汚れてもなく、ゴム長靴でもなかったので勇気をもって入りました。

ホンダZ
<ホンダZ>

「かわいい車」展示のトップバッター。某「木公さん」も駈るホンダZが正面でお出迎え。

Vespa400
<ベスパ400>

クルマも作ってたんだ、、、と今さらながら。

スバル360
<スバル360>

国民車構想というお役所が打ち出したお堅い構想も、半世紀も経過するとこんなにも愛らしいクルマに見えてくるのだ。

コルト500
<コルト500>

床の模様、タイヤのトレッドパターンかと思いきや、よく見ると・・・・。

R0010655_20090609.jpg
<床面>

同様に二輪車の展示床面にも。

R0010656_20090609.jpg
<エンジン発電機>

ハツハツ(と何故か呼んでいるエンジン発電機)もここでは立派な主役を演じられる。

NR500
<NR500>

とても複雑な片持ちスイングアーム。ほぼ一品モノか。

RC142
<RC142(だっけ?)>

マン島TT車両。狙った訳ではなかろうが、機能美さえ感じられる。

ローラースルーGOGO
<ローラースルーGOGO>

このコレクションホールで一番の驚き。かつての愛車がまさかホンダだったとは。
今、再考するとあの駆動システムはホンダイズムぷんぷん漂っている。

モトコンポ
<モトコンポ>

モトコンポの正しい使い方。それは小型車(シティ)に車載することなのだ。

R0010678_20090609.jpg
<ヘッド周り>

整然と並ぶ大袈裟なロッカーアームは、効率とかそれ以前にメカメカしさを醸し出す。これがガチャガチャ動くっつうんだから。

JPSロータス
<JPSロータス>

スーパーカー世代にとってはロータスというコンストラクターとJPSというスポンサーの黒と金の競演は赤い跳ね馬以上に特別なものなのかもしれない。

キャメルロータス
<ロータス;中嶋車>

このクルマにより、愛知のおっさん(ファンの方、スミマセン)は一躍一般の人も知る有名人になり、ブームが沸き起こった。

エルフ
<エルフ>

オートバイのメカが定番化する前、サーキットではいろいろと試されていた。まさに走る実験室だったようだ。

CR350M
<CR250M>

独創的なアプローチより生まれた脚。優勝という結果から実力は折り紙付き。

・・・・と、まぁ、もっと撮ってきたけど、ネタバレにならないよう、部分部分を撮影したものだけをピックアップしてみました。

好きな方が全体を見るにはかなり時間がかかりそうで、千葉県柏くらいからだと100kmちょっと。ツーリングの目的地としてもいいかもしれないですね。


関連記事

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。