1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  04 ,2017

― 千葉・房総林道探訪中 ―


プロフィール

でがしらいちろう

  • Author:でがしらいちろう
  • サラリーマン・バイカー&
    スロッター
    (現在廃業中)
    直接のお問い合わせは・・・・
     degashira■gmail.com
    (■をアットマークに)まで。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

- PR -
【取り寄せ商品】 DIA-COMPE DL800 1個 ダイアコ...

【取り寄せ商品】 DIA-COMPE DL800 1個 ダイアコ...
価格:1,410円(税込、送料別)

ブログ内検索
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

31

Category: ハンガー(格納庫)

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

キットとプロポ以外に必要な部品(1)
ルーキー20SRのキットには製作にあたり、いくつか別購入する部品があります。
設計図の標準状態に対して、製作者の好みの部品や低フリクション化や高機能化する部品等を選ぶ楽しみもあったりするワケでして、この辺の自由度は他のジャンルのラジコンと比較しても圧倒的に高いものがあるのではないでしょうか。

ルーキー20SR
<別買部品>

・APCプロペラ 9X6(OK模型 \520;\491)
 これが無いと飛べません。設計図に指示されている9deg×6インチのものです。

・ナイロンスピンナー(加藤無線 \777;\622)
 ペラの中心のスピンナは機体のベース(予定)色の白(ホワイト)に合わせて白にしました。

・SUSネジロッド M2.0 L200mm 2本入(NIFTEC \210;\176)
 ネジロッドはロッド棒の尾翼側・サーボ側用に2セット、エルロン用に1セットで都合3セット必要になります。線径が2mmくらいになると普通のニッパーやペンチでの切断は困難(歯が欠ける)ので、SUSにも使えるヤスリや強力ニッパーで切断しました。

・ロッドエンド MH型 No.2049(テトラ \320;\256)
 ロッドエンドは各ホーンの接続箇所分必要になり、ルーキー20SRではエルロン左右に1個ずつ、ラダーとエレベータに1個ずつ、都合4個が必要なので、一袋で使いきります。

・リンクボール(B) 41122(トリムコーポレーション \800;\588)
・カラーロッドエンド(含油) M2.0 ホワイト 41218(トリムコーポレーション \1000;\735)
 リンク(サーボとロッドの接続)は設計図ではロッド端をZ型にベンドさせるようになっていますが、スムーズな動作とアソビの低減を考慮しボールジョイント化します。

・ロッドアジャスター MBSL型 No.2019(テトラ \450;\360)
 エンコンロッドは調整できるアジャスタータイプにします。ネジロッドに比べて細めの線材で、2本入りです。

・アジャストチップ MA型 No.2512(テトラ \525;\420)
 ロッドアジャスターの片端は、エンジン―エンコンサーボ間の長さで切断し、Z型に曲げてホーンに通すか、このアジャストチップを半田付して、ロッドエンド等を取付ます。今回は「折角た、他もボール化したンだから・・・・」と薦められて、後者にすることにしました。

・ラダーホーン (M) No.1508(テトラ \320;\256)
 これ、必要ありませんでした。他のキットでは付属されないケースもあるそうです。

・クランクタンク 210cc No.4028(テトラ \1050;\840)
 テトラ純正。なお、設計図には使用するタンクは指示されているものの、取付に関しては一切ふれられていません。これの装着には難儀しています。

・ミニフィルター M型 No.4101(テトラ \500;\400)
 GPカーでは燃料チューブを長くしたり、これ(フィルター)の容量を大きくすることでロールオーバー(横転)時にエンストまでの時間を稼ぐTipsがありましたが、飛行機用は小さくカワイイもんです。

・チューブエンド 3mm No.4422.(テトラ \300;\240)
 言わば給油口。それのメクラ栓ですな。

・シリコンチューブSP グリーン #63102(IM \525;\420)
 IMの燃チューは色が何色かあるのですが、過去によく使用していたグリーンをチョイス。この製品もGPのラジコンでは定番的です。

・ノイズレスパイプ 1100mm #13004(IM \525;\420)
 ノイズと銘打たれていたので、何か電気的なものかと思いましたが、ただのチューブ(パイプ)でした。地上用ではアンテナのポールとして使用していたのものと同じようですが、長さはまったく異なり長いです。「ひっかかりが少ない」=「ノイズレス」という意味でしょう。5本入です。

・バルサ丸棒材 Φ8X900(木村バルサ \360;\302) 4本入
 設計図では桧(ヒノキ)□8mm程度と図示されていますが、バルサφ8mm丸棒にしました。ロッドの取付はエポキシ接着剤と熱収縮チューブ(φ8用)を使用しました。

・トレーナーコード BC0065(フタバ \3150)
 そりゃ、いきなりは無理なので、師匠のプロポと接続してもらい、(飛ばしてて)ヤバイ状態になりそうだったら切り替えてもらうために使います。


で・・・・

合計:10,204円也(購入価格)。


キットの購入価格より高いですな・・・・。

関連記事

Comments

>キットの購入価格より高いですな・・・・。

キットが結構リーズナブルな原因はそこにあったのですね。。(笑)
大空を舞う雄姿はいつごろ見れそうですか?
slotさん、コメントありがとうございます。
そうですねぇ、目下今月(3月中)にはなんとかしたいと思っているんですが、なかなか手が進んでいないのが実情だったりしまして・・・・

でもあと一息・二息くらいでなんとかなりそうです!

こうご期待!



つか、ほんとバイク乗ってないな~、自分。

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。