1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

― 千葉・房総林道探訪中 ―


プロフィール

でがしらいちろう

  • Author:でがしらいちろう
  • サラリーマン・バイカー&
    スロッター
    (現在廃業中)
    直接のお問い合わせは・・・・
     degashira■gmail.com
    (■をアットマークに)まで。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

- PR -
【取り寄せ商品】 DIA-COMPE DL800 1個 ダイアコ...

【取り寄せ商品】 DIA-COMPE DL800 1個 ダイアコ...
価格:1,410円(税込、送料別)

ブログ内検索
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

31

Category: 林道 X-FILEs【千葉県】

Tags: ---

Comment: 3  Trackback: 0

ファイル#015【号外】
日付:2005/03/21
路面状態:―
始点:―
終点:―
距離:―

※所在地に関する情報はあえて控えさせていただきます。

初めて目にしたのは昨年の房総ツーリング(第2回)の為にいろいろと調べ物をしていたときであった。それ以来、当地への興味は募るばかり。そしていよいよ現地調査へと赴くに至った。

IMG_0854_040s.jpg

あまりにも有名な入り口の素掘りトンネル。ディスプレイ越しに幾度となく見かけたことはあったが現物を前に興奮度は一気に上がる。

IMG_0855_040s.jpg

そのトンネルを抜け傍らに流れる川と未舗装路が平走するが、道は川に合流してしまう。そして見上げる先の景色にしばらく言葉を失った。

IMG_0856_040s.jpg

川沿いに放置されたドラム缶があることから前人未踏ではないことがお分かりになるだろう。だがこのような場所が一部は首都圏の範囲とされる千葉県に存在ことは驚きである。

IMG_0857_040s.jpg

そこは携帯電話の電波さえ届かず、耳に入るものは排気音と川のせせらぎのみである。
水深に注意しながら徐行をするが、それは深みにハマる恐怖よりも水の流れを汚したくないからに他ならない。

IMG_0858_040s.jpg

前方に滝というより段差があり、進行はここで終わる。さらに徒歩で先を見てみたい衝動にも駆られるが時刻的に断念。

IMG_0859_040s.jpg

進入した対岸にさらに奥地へと続く道を発見。夕闇の時間が迫り、足早に来たルートをたどる。

IMG_0860_040s.jpg

千葉県に秘境は確かに存在したのだ。
関連記事

Comments

T秘境
HPを見させてもらってメールしてます。
素堀のトンネルに行ってみたいと思いました。
でも,詳しい行き方がわかりません。
たいへん申し訳ないのですが,
ルートを教えていただけませんでしょうか。
ご迷惑はおかけしません。
また,林道が好きですので,荒らすようなこともしません。
わがままなお願いということは承知しております。
よろしくお願いいたします。
コメントありがとうございます
はじめまして、hiroさん。
ようこそ、このような秘境のようなblogへ。
自分も一昨年にはじめて林道という道を知り、
以来未舗装路を走る楽しさにとりつかれて
います。しかも千葉県にのまだこんな場所が
あったなんて・・・・てか、房総も一歩ヤマに
入れば猿やら鹿やら山ヒルやらでまさに秘境・・・・

(ルートはここで言っちゃうと秘境じゃなくなっ
てしまうのでコメントは控えさせていただきま
すね。)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。