1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

― 千葉・房総林道探訪中 ―


プロフィール

でがしらいちろう

  • Author:でがしらいちろう
  • サラリーマン・バイカー&
    スロッター
    (現在廃業中)
    直接のお問い合わせは・・・・
     degashira■gmail.com
    (■をアットマークに)まで。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

- PR -
【取り寄せ商品】 DIA-COMPE DL800 1個 ダイアコ...

【取り寄せ商品】 DIA-COMPE DL800 1個 ダイアコ...
価格:1,410円(税込、送料別)

ブログ内検索
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

29

Category: 林道 X-FILEs【千葉県】

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ファイル#012【演習林名無し歩道】
日付:2005/03/21
路面状態:ダート
始点:N35^11'51.60"/E140^08'33.90"(君津市黄和田畑)
終点:N35^11'43.70"/E140^08'23.50"(君津市黄和田畑)
距離:不明

移動中、眼下に流れる小櫃川につり橋がかかっているのが
目に入った。橋の先は対岸で先に伸びており、どうも舗装は
されていないようだ。急遽走行していた県道をUターンし
橋へと下る。

つり橋の入り口にはそれの老朽化に伴う重量制限(0.5t)
と、橋の先は演習林であるために一般の通行は不可との
注意とその注意を発しているのが東○○学部であると手
書きの看板が立てられている。

確かに橋の踏板は木でできており、それなりの不安感はある。
が、アルカディア号+体重でせいぜい0.2t。
充分に余裕をもって渡ることができるはずだ。

IMG_0852_040s.jpg

アルカディア号と共に日本最高学府への挑戦が始まった。

途中、鬱蒼とした山側に向かう道と沢沿いに向う道の分岐に
なり、沢沿いへと続く道にはトラロープで侵入規制がかけら
れていて理由はないが沢沿いを選択。

IMG_0853_040s.jpg

最初は植林の実習に使われているような林の中を抜けていた
道が沢の斜面に出るとどんどん細くなりもはやUターンさえ
ままならない徒歩道の幅員になってしまった。

沢は小櫃川まで急な斜面で、落ちようものならば自力での
脱出はおろかただではすまなさそうである。よって潔く

撤収。


ブログランキング
関連記事

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。