1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  04 ,2017

― 千葉・房総林道探訪中 ―


プロフィール

でがしらいちろう

  • Author:でがしらいちろう
  • サラリーマン・バイカー&
    スロッター
    (現在廃業中)
    直接のお問い合わせは・・・・
     degashira■gmail.com
    (■をアットマークに)まで。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

- PR -
【取り寄せ商品】 DIA-COMPE DL800 1個 ダイアコ...

【取り寄せ商品】 DIA-COMPE DL800 1個 ダイアコ...
価格:1,410円(税込、送料別)

ブログ内検索
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

17

Category: 雑記・その他

Tags: ---

Comment: 3  Trackback: 2

モーターサイクルショー2007
前のエントリでWR250Rを取り上げさせてもらったモーターサイクルショー。今更ながらではありますが、泥系バイク(含むモタード車)を少々まとめてみました。

XR230
<XR230>
CRF150R
<CRF150R>
ホンダからはXR230とCRF150R。XRは昨年末に発表があった白ベースのカラーリング、ライトカウルが250同様に変更されたモデルです。CRFはラージホイールのRⅡで、これも兄貴分の250、450と同じく水冷ユニカムだったんですね。
参考1:ホンダXR230
参考2:ホンダCRFシリーズ

CRF450R
<熱田車>
そして2006年IA1チャンピオンのCRF450R「熱田」車(HRC)です。
参考3:Yoshitaka Atsuta official website

CRF450R
<勝谷車>
こちらは同じCRF450Rでも「勝谷」車。
参考4:Takeshi Katsuya web site

WR250R
<WR250R>
ヤマハからはそのWR250RとX。参考出品ってことでしたから、噂だった今年(2007年)5月発売はズレ込みそう?。
参考5:ヤマハ「WR250R」 「WR250X」

一方、ガイ車に目をやると、国内の冷えたようにも感じるオフバイク事情とはうって変って各社いろいろ取り揃えております。

ハイパーモタード1100S
<ハイパーモタード1100S>
ドゥカティではトラスフレーム+L型エンジンのモタード車、「ハイパーモタード1100S」。排気量からかなりの高出力なエンジンであることは簡単に予想できるかと思います。車重もそれなりでしょうからホンキで振り回すには腕も伴う必要有りかも。
参考6:Ducati(Photogallery)

250EXC
<250EXC>
690Rally
<690ラリー>
KTMでは250EXC、そしてパリダカ車(690ラリー;2007年優勝シリル・デプレ車)。つか、ここ数年のダカールにおけるKTMの牙城を崩してくれ~(特に日本車)。
参考7:READY TO RACE --KTM JAPAN--

TE250
<TE250>
ハスクバーナTE250。一時期は黄色と青の100周年カラー?の露出が多かったですが、やはり「赤」が個人的には好み(映画「ON ANY SUNDAY」の影響大)。
参考8:Husqvarna(ハスクバーナ)|TE250

G650X
<G650X>
R1200GS Adventure
<R1200GSアドベンチャー>
BMW G650X、1200GSアドベンチャーは基準車に増量タンク、大型スクリーンや補助灯を装備し、オプションのトップ&両サイドのパニアケースはまるで血液や臓器でも運ぶのかというくらいガッシリとしたつくり。
参考9:BMW Motorrad G 650 X スペシャルサイト(かなりポップな感じ)
参考10:BMW Motorrad R 1200 GS Adventure

X-TREAM
<FYM X-TREAM>
そしてFYMのブースではX-TREAM CR3、CR5。これについては多くを語る必要はないでしょう。
参考11:モトスター
参考12:モーターブレス(blog)

RXV450
<RXV450>
最後にアプリリアのツインエンジンのRXV450。日本正規発売前でしたっけ?。
参考13:apriliajapan.co.jp - 東京モーターサイクルショー

トライアルデモ
<成田選手>
トドメはトライアル・デモは短い時間ながらも是非是非みて欲しいオススメなイベント。
国際A級の3選手(成田匠選手、野本佳章選手、西本良太選手)がそれこそ処狭しと飛ぶわ跳ねるわの大盤振舞。きっと、あまりバイクに興味を示さない輩を同伴してもこれは見ていて楽しませてもらえますぞ。
参考14:トライアルプロショップ TRIALSNARITA

と、まぁ、こんな感じで駆け足で見て周ってきまして、やはりオフバイクに限らず、排気量問わずでどうも外車勢が活発そうなのはここ数年の傾向ではないかと思います。「Made in JAPAN」贔屓の自分としては少々寂しくも感じるところだったりもします(実は一番のお目当ては某社の「KLX450」だったというのはここだけのハナシ。展示されてませんでしたが・・・・)。ま、今年はモーターショウもひかえているからオトナシメなのでは?と勝手に邪推してたりもしまして。
参考15:東京モーターショー2007

TVのニュースではビッグサイトの他の建屋で開催されていた「ドッグショー」の報道の方が多かったようですねぇ。
参考16:FCIアジアインターナショナルドッグショー

関連記事

Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

■ゲイルスピードの特徴・リム部重量の軽減鍛造工程で生まれるメタルフロウ(金属の流れ)が鍛造材の強度を上げています。そのため大幅な切削を行っても強度が保てるのでリム部の軽量化が実現できました。・分割式ハブ鍛造ホイールで問題となるハブ部分の重量の増加をゲイルス
 上のカテゴリーへバイクパーツ:ホイール:ゲイルスピードTYPE-R:ドゥカティF.フロントホイール:M1000(03-05)ワンクリックでこの商品を紹介する HTMLを作成しますアフィリエイトとは? 分かりやすく説明しますこの商品のレビューを書くこの商品をメールで紹介して、 アフィ

Comments

全部欲しいですね。
もう、アドベン茶はいいんですか!?箱にスペアパーツ入れられますよ!?困った時はV3みたいに・・・セルフサービス!?

アプリリア独創的ですね。2気筒でシリンダー寝かせて粘りと低重心。さすがセンスオブワンダー。

H車が一番現実的ですね~150良いかも。
>しのさん
全部あったら上本郷モーターサイクルショーが出来そうですね。つか、売り物にしちゃったりしそうで・・・・

>フナコ氏君
いやぁ、アドは諦めたワケではなくて、あんなんヤマで走らせるのは今はまで無理と判断。昨今は250ccでも持て余している自分に気が付き、真面目に125cc(ジェベルね、FYではなくて)から出直そうかなぁと。つか、CR5乗ってみそ、おもしれえぞ。

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。