1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

― 千葉・房総林道探訪中 ―


プロフィール

でがしらいちろう

  • Author:でがしらいちろう
  • サラリーマン・バイカー&
    スロッター
    (現在廃業中)
    直接のお問い合わせは・・・・
     degashira■gmail.com
    (■をアットマークに)まで。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

- PR -
【取り寄せ商品】 DIA-COMPE DL800 1個 ダイアコ...

【取り寄せ商品】 DIA-COMPE DL800 1個 ダイアコ...
価格:1,410円(税込、送料別)

ブログ内検索
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20

Category: About BIKE・・・・

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Sachs X-ROAD
Sachs X-ROAD

以前にお伝えしたザックスX-ROADの現車を松戸市上本郷バイク屋モーターブレスさんで確認できました。

Sachs X-ROAD

ご覧の通り、車格的には250ccと言っても過言でないような装い。
赤いトラスフレームとマットな外装、特にフロントのアップフェンダーが目を引きます。

Sachs X-ROAD

背後に回ると同社のマダス(50cc)やスパイダー125と同じようにセンター出しのマフラーが軽快感を醸し出します。

Sachs X-ROAD

フロントマスクはエクストリームチックなカウリングとマルチリフレクターヘッドランプが配されます。

Sachs X-ROAD

メーター周りはマダスやスパイダー125と同じデジタルタイプが装備されていました。その他、ナンバーブラケットやテールランプ等マダスと共通する部品があったりします。

Sachs X-ROAD

リアのショックはリンク機構を介さず、スイングアームのアーチ部に直付けされたヨーロッパ車では定番的な取り付け方法。ただし、センター出しマフラーとのエキパイの干渉を避けるため車体右側にオフセットされています。スプリングもフレーム色同様に赤く染められています。

Sachs X-ROAD Sachs X-ROAD

ストッピング・ソース(早い話がブレーキ)はフロント・リアともにディスク(シングル)、フロントはかなりの大径ディスクと2ポッド?のキャリパーが奢られ、油圧を介すブレーキラインにステンメッシュ?が採用されるなど、装備に余念がありません。

Sachs X-ROAD

そしてエンジンにはイタリアのモトモリーニ社の空冷単気筒が採用され、デロルトのキャブと合わせてこのX-ROADがどんな走りを披露するか楽しみなエキップメントの一つとなっています。

見た目大柄な車体、マットな無塗装の外装パーツと真紅のフレーム。小排気量車ながらもなかなかの雰囲気を醸し出すこのX-ROAD。所有感というものはあまり排気量に関係がなく満されるものなのだという好例ではないでしょうか。

協力・お問合せ/モーターブレス:http://www.motorbreath.jp/
関連記事

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。