1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  05 ,2017

― 千葉・房総林道探訪中 ―


プロフィール

でがしらいちろう

  • Author:でがしらいちろう
  • サラリーマン・バイカー&
    スロッター
    (現在廃業中)
    直接のお問い合わせは・・・・
     degashira■gmail.com
    (■をアットマークに)まで。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

- PR -
【取り寄せ商品】 DIA-COMPE DL800 1個 ダイアコ...

【取り寄せ商品】 DIA-COMPE DL800 1個 ダイアコ...
価格:1,410円(税込、送料別)

ブログ内検索
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

23

Category: 雑記・その他

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 1

交換用マフラーの騒音規制強化
たまには真面目なエントリでも(このブログに)投稿してみようと思ってて、すっかり忘れていましたが、来年(2008年)より、社外マフラーの規制が強化されるそうです。

換用マフラーの音、「純正」並みに規制強化へ 国交省
2007年01月09日05時58分
 自動車や二輪車のマフラー(消音器)の交換や改造で生じる騒音への苦情が相次いでいることから、国土交通省は交換用マフラーの騒音規制を強めることを決めた。交換用マフラーは出力向上やドレスアップのために車用品店などで売られ、愛好者も多い。対象は08年1月以降に製造される製品で、国交省はかなりの騒音低減につながると期待している。

 国内の市販車に標準装備された「純正品」のマフラーは、走行中や加速中の騒音にも規制がある。しかし、交換用は停車状態で測る騒音の基準を超えなければ車検を通る。

 基準をクリアしているとして「適法」をうたう製品も多いが、実際は走行中や加速中の基準を超えるケースが見受けられる。国交省が乗用車の交換用マフラー63製品を調べたところ、半数近くが基準を超えていた。

 このため、国交省は道路運送車両法の施行規則などを改正し、交換用マフラーも純正品と同様に走行中や加速中の基準をクリアしなければ市販品として認証せず、車検も通らないようにする。騒音を抑える装置をマフラー内から簡単に外せる製品の使用も認めない。

 1月31日まで国民からの意見を募ったうえで、7月に導入する予定。現在、使用中の車は対象外となる。また、排気量250cc以下のオートバイやバイクも規制対象にする方向だが、車検がないため実効性が課題となる。

 交換用マフラーの販売数の正確な統計はないが、国交省は年間数十万本販売されているとみている。国交省の電話相談窓口に寄せられる自動車関連の意見・苦情の約4分の3を排気騒音関連が占めることから、同省と環境省が規制強化を検討していた。
asahi.comより)

先ずは製造者への規制強化となっていますが、装着したオーナーの道交法上の罰則もさらに強化されるかもしれませんねぇ。
関連記事

テーマ : ひとりごと    ジャンル : 車・バイク

Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

国土交通省国土交通省(こくどこうつうしょう、英字表記:Ministry of Land, Infrastructure and Transport)とは、日本の行政機関のひとつ。国土計画の他、河川、都市、住宅、道路、港湾、官庁営繕などの建設・維持管理といったハード面のほか、交通・観

Comments

規制好きだね・・・
うちのブルコ駄目になるだろうか・・・気になるニュースですね・・・
しかし、日本人は規制が好きですな~住みづらくなるだけなのにさ~。
まぁ興味が無い面々にはただの「騒音」だからなぁ。ある意味しょうがない部分もある。今まで野放しだった方が不思議なくらい。

もう装着されているヤツは大丈夫なんじゃないかな?
来年(08年)1月以後に発売される製品の規制だからなぁ。
あと、テルミ管やマジーみたいな海外製品はどうなるんだろう・・・・(輸入元が規制の対象になるんだろうけどねぇ)

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。