1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  05 ,2017

― 千葉・房総林道探訪中 ―


プロフィール

でがしらいちろう

  • Author:でがしらいちろう
  • サラリーマン・バイカー&
    スロッター
    (現在廃業中)
    直接のお問い合わせは・・・・
     degashira■gmail.com
    (■をアットマークに)まで。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

- PR -
【取り寄せ商品】 DIA-COMPE DL800 1個 ダイアコ...

【取り寄せ商品】 DIA-COMPE DL800 1個 ダイアコ...
価格:1,410円(税込、送料別)

ブログ内検索
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

22

Category: 雑記・その他

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 1

実録・連合赤軍
ついに!!!
銀幕デビューを果たしました!。

実録・連合赤軍

若松孝二監督「実録・連合赤軍」:http://blog.wakamatsukoji.org/

11月11日、ピンゾロの日に近くのパチンコ屋のイベントデーをもぶっちぎり、黒王号に鞭を入れ、雨に濡れる中央高速をひた走ります。向かった先は山梨県。9月30日のツーリングで周ったあたりです。

一連の連合赤軍事件では「あさま山荘」が有名ですが、山梨では1969年11月5日、「福ちゃん荘」を舞台に首相官邸や警視庁を襲撃するために、鉄パイプ爆弾による軍事訓練をしようとハイキングを装い集結していた赤軍派53人(うち高校生9人)が逮捕された事件があり、この日はその機動隊が逮捕に踏み込むシーンと、爆弾を試爆し学生が喜ぶシーンです。

たった3つのシーンでしたが、カメラが回る直前まで怒号にも似た監督の激が飛び、スタッフがその指示を受け手際よく動きます。おそらく本編では数秒のシーンでしょうが、大掛かりでたいへんな苦労を経て作られているもんなんだとあらためて感心。

我々の撮影が終わると、若松監督の「雨ン中ありがとう。楽しみにしててよ。一所懸命撮るからさ!」と労いの言葉と撮影中とは異なる穏やかな表情がとても印象的でした。

きっといろいろな意味で面白い映画になると思います。
公開がすんごい楽しみです。

関連記事

Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

本編でも触れさせてもらったカイロですが、発熱量、ランニングコスト、そして使い捨てではないというエコ的な考えから再び脚光を浴びているようです。●(株)ハクキンのPEACOCK。季節柄、売り切れてますんで在庫切れにな

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。