1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2017

― 千葉・房総林道探訪中 ―


プロフィール

でがしらいちろう

  • Author:でがしらいちろう
  • サラリーマン・バイカー&
    スロッター
    (現在廃業中)
    直接のお問い合わせは・・・・
     degashira■gmail.com
    (■をアットマークに)まで。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

- PR -
【取り寄せ商品】 DIA-COMPE DL800 1個 ダイアコ...

【取り寄せ商品】 DIA-COMPE DL800 1個 ダイアコ...
価格:1,410円(税込、送料別)

ブログ内検索
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

13

Category: 林道 X-FILEs【千葉県】

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ファイル#140【大崎線】
日付:2006/09/09
路面状態:ダート
起点:N35^16'26.90"/E139^55'50.40"(君津市大山野)
大崎線

終点:N35^16'20.70"/E139^55'56.90"(君津市大山野)
大崎線断念した地点

距離:0.2km(ピストン;途中で断念)

付近では圏央道の工事が進み、週末に関係なく工事車両が行き交う市道から奥に向かうと標識もなくひっそりとダート路線が延びている。

起点付近の畑を抜けいよいよ路面に斜度がつき始めるとYの字に分岐する。直感的に本線は上へと登る側であろうと判断して進む。

一体この道に最後に人が訪れたのはいつのことなのだろうか。物理的というより精神的に行く手を阻むいくつものくもの巣を掻き分けた先は高さ60~70cmはあろうかというステアケース。しかもV字・・・・断面ではなく上から見ると見事なVの字を形成している。自然の水流はこんな状況も作り出せるのか。

ステアの上より
<ステア上よりア号を臨む>

路線はまだ続いているのかと徒歩で進んでみるも、くもの巣と倒木により断念した。

日差しは真夏のそれと比べると随分和らぎ、森林の中も幾分湿度が低くなり走りやすくなったかと思われたが、狭く、落ち葉の堆積した路面上での押し・引きが入ると全身から汗が噴出してきた。
関連記事

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。