1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  05 ,2017

― 千葉・房総林道探訪中 ―


プロフィール

でがしらいちろう

  • Author:でがしらいちろう
  • サラリーマン・バイカー&
    スロッター
    (現在廃業中)
    直接のお問い合わせは・・・・
     degashira■gmail.com
    (■をアットマークに)まで。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

- PR -
【取り寄せ商品】 DIA-COMPE DL800 1個 ダイアコ...

【取り寄せ商品】 DIA-COMPE DL800 1個 ダイアコ...
価格:1,410円(税込、送料別)

ブログ内検索
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

03

Category: OFF

Tags: ---

Comment: 6  Trackback: 0

春の越生・名栗ツーリング
越生・名栗ツーリング
<トラックログ>

とあるSNSにて山中に設置された「ウルトラマン」、「小便小僧」が話題に上がった。まさにオーパーツ的なこれら人工物。当ブログの予想としてはありがちな「不法投棄」によるものではなかろうかという結論に達したのであった。実際、千葉県の林道でもエ■本、ビデオ、FZRのタンク等を発見し、その手はまさにゴッドハンドと称されながらも一方でその惨状に警鐘をならしてきた。

集合地点に向かうのであるがアルカディア号は高速道路では決して快適とは言えない貧乏下道仕様。昨年秋には東北道でオイル不足が原因と思われるエンジン異音発生からエンジン換装という大手術を施したばかり。速度に気を使いつつ待ち合わせ場所には指定時刻の10分すぎ。あちゃー、のっけからヤってしまった。

林道:楠線
<林道 楠線。おむすび型の標識>

今回の編成は7名。森川由加里の「SHOW ME」が聞こえてきそうな人数であるが、関東でも名うてのロングダート「大名栗」を目指す漢(おとこ)達にはそんなBGMは無用である。そう時代は「質実剛健」が求められているのである。

「ウルトラマン」(しかもエース)。「小便小僧」と感激の対面を果たし一行は幾本かのショートダートを経てこの日4/1より解禁となる(らしい)大名栗へ。いざ入線!・・・・

追記:大名栗線の開通は4月30日まで延期されてました。(2006.04.04)

ん?
リアタイヤ付近に違和感。
まさか・・・・やっぱり~。パンクしました。
その旨を伝え、修理していくため先行をお願いするも、若干1名の方が作業の見学と称しご一緒してくれることを申し出てくれた。心強い限りであったが反面1箇所、2箇所に留まらないおびただしい数のチューブ修理痕のパッチを見られることは恥ずかしく感じた。

たまたま新品のチューブを持ち合わせていたため、パッチを増やすことなく交換作業は割とすんなり終了し再度大名栗線へ入線。

林道大名栗線。大松閣側から最初はガレの登りとなるがそれを過ぎるとやや浮き砂利ながらも一様に上質なフラットダートが続く。何個所かで大きな落石が路面に鎮座したりもするがバイクであれば走行することも出来るがくれぐれも「頭上」には注意が必要だ。

しかしこのタイヤ。もらいもんにナンクセを付けるのはおこがましい限りであるが滑る滑る。カーブにガツンとシフトロック気味で進入しようとしたならば面白いようにリアが振り出る。立ち上がりもしっかりとリアに過重しとかないとタイヤは虚しく路面を掻くだけ・・・・。まぁその分舗装路ではしっかりとした印象なのではあるのだが。

無事先行組と合流しそこで「キャラメル」の補給が。しかも「ジンギスカン」味。あまーいキャラメルがベースにほのかに香るジンギスカンの風味・・・・。ただし!ビミョウではあるが走りながらキャラメルってイイかもしれない。新発見!。

さて一行は林道西名栗線に向かう。一昨年秋の訪問時は舗装林道:広河原逆川線側から1~2キロ程度で開削工事真っ最中であった。また反対も04年台風17号の被害で崩落。さて今年は・・・・。

固く締まったダートは4kmくらいまで伸びていた。さらに先へと続いていそうではあるがチェーンにより閉ざされている。こりゃ、完抜するのがとても楽しみな路線である。

大名栗線にて
<大名栗線にて>

久々に走る20km近くのダート林道。そして西名栗線もそう遠くない将来に完抜するであろう。その暁にはきっと関東のロングダートの代名詞となることは容易に予想できる。いつまでもこの状態であってほしい、と切に願うのであった。

関連記事

テーマ : ツーリング    ジャンル : 車・バイク

Comments

あのタイヤはタツオ君も速換えを決断しましたからねぇ。
「もう少し使ってからにすれば?」
「いや、換えて!」って。

時になんか濃ゆいバイクが何台かまぎれてますけど、バハの隣はもしかしてあのライトカウル?新品あったんですか?!
さすがお目が高い
そうです、あのゼッケンプレートのライトカウル?付XLX250Rです。
中古品を購入&塗装されたとのことでキレイに仕上がってました。
さらにちょっと奥目のトリコタンクはXRベースのDakarタンク装着車。
これも違和感無く装着されてます。
そして一番手前のボロバイクは泣く子も笑う・・・・略

確かにタツオさんが行ってた金谷元名の北側路面・・・・浮き砂利だとちょーっとコワイかも。
少しエアを落としたり(当日はF1.5/R1.5)すれば印象も変わるのかもしれなかったンですが、面倒だったのでそのまんまで走っちゃいました。
まぁ問題はないんですけどねぇ。。。
ちょうど名栗方面に行きたいけど雪はどうかなぁ??と思っていたところ。
タイムリーなレポートアリガトウございます。
それにしてもライトカウル・・・うらやますい~
僕もオクで探しているんですけど見つからないですね・・・
そう!
初めて現物をみました。
持ち主の方もやはりオークションで落札したそうです。
すんごいキレイだったんですが、上から塗装したそうです。
ボクもアラートに設定しているんですが、なかなか出てきませんねぇ。
ずら~と並んだオフ車がいいですね。

ん~、私もウルトラマンエース、現物見てみたい。
エースもさておき、その他もすごかった。
古いポスト×3や製作中?のヨーロッパの甲冑??、そのほかなんでこんなもんまでというようなものまでところ狭しと並んでいました・・・・そしてクルマも光岡自動車の「Le-Seyde(ラ・セード)」。S13シルビアベースの500台限定車です。

Le-Seyde:http://ch.kitaguni.tv/u/2306/%BC%D6/0000203362.html

うーん、マニアでした。

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。