1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

― 千葉・房総林道探訪中 ―


プロフィール

でがしらいちろう

  • Author:でがしらいちろう
  • サラリーマン・バイカー&
    スロッター
    (現在廃業中)
    直接のお問い合わせは・・・・
     degashira■gmail.com
    (■をアットマークに)まで。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

- PR -
【取り寄せ商品】 DIA-COMPE DL800 1個 ダイアコ...

【取り寄せ商品】 DIA-COMPE DL800 1個 ダイアコ...
価格:1,410円(税込、送料別)

ブログ内検索
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

26

Category: アルカディア号(XLR)

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

アルカディア号の電気について考える(4)
もうすっかり交流→直流変換のことなど忘却の彼方に置き去りにしております。アキバの安売り電池についてエントリを重ねるブログもそうなかなかお目にかかれないのではないでしょうか。

今回もバッテリです。
HDAVナビの搭載が絶望的となりモチベーションが下降線を描きつつもありますが、やはり改造には「イメージ」が大切かと思い、とりあえず搭載してみました。

DVC00005_0125.jpg
<フィットチェック>

Geko201を取り付けた(実は置いただけ。もちろんGeko201はこのバッテリでの動作はしません)基台は自宅のゴミ宝の山から適当なものをダイソーで購入したキャンプ用まな板(白い板)に貼り付け、フロントキャリアで挟みこみました。電池の固定には寸法的にフロントキャリアの桟間にピタリとはまり、これまたダイソーのマジックテープで固縛しました。思ったよりも重量増によるハンドリングの影響は感じられません。でもコケたらバラバラになるでしょう。

おー。雰囲気がでます。

すこしやる気が回復したところでバッテリの容量についてもうしばらく考察を続けます。
前回でHDAVナビは無理っぽいことが解かりかけてきましたが、ではこのバッテリではどのくらいのエレキグッズを付けることができるのでしょうか。

まだ交流→直流の変換の目処が立っていなく、外して充電しなくてはならないので、

条件1:とりあえず充電時間は8時間以内
条件2:1日の使用時間は2時間(通勤の往復時間を参考)

あまり実用的ではありませんが、どんくらいなモンなのかこれらを前提にしてちょっと検討してみます。

WS000025_0125.jpg
<表1 定電圧充電仕様>

表1より充電時間8時間はバッテリ全容量の50%を使用した場合からフル充電されるまでの時間と同じです。

WS000026_0125.jpg
<グラフ2 PEシリーズ機種選定チャート>

またグラフ2よりこのバッテリは1.3(A)くらいを1時間連続で流しつづけた場合に空っけつ(0%)になりますから、2時間50%だと連続で0.45(A)程度でしょう。
つまり同時使用450(mA)までのエレキグッツの取り付けでしたらオッケーそうです。

では450(mA)以内のグッズにはなにがあるのでしょう。

×A社製「CDセンターユニット(1DIN)」
 消費電流:3(A)以下(100W使用時)
×P社製「車載用7型ワイド 液晶カラーテレビ」
 消費電力:15(W)→直流12(V)だと1.25(A)か
○Y社製「超小型高感度レーダー探知機」
 消費電流:待機時3(mA)以下/最大45(mA)以下
○Y社製「多機能メータ」
 消費電流(通常):47(mA)
×S社製「HID」
 消費電流:2.0~2.3(A)←角型1灯実測値らしい。
△W社製「ストロボ&ネオン ぱらぴか祭り」
 消費電流:500(mA)
○W社製「LEDフラッシャー」
 消費電流:300(mA)
○D社製「防盗装置」
 消費電流(警報時最大):350(mA)

○:搭載可/△:使用条件により搭載可/×:搭載不可

(注意:上の数値は適当に探した商品の値なのであまりあてにしないでください。)

結構搭載できそうです。
差し詰め

 レーダー探知機+多機能メータ+防盗装置
          +LEDフラッシャ+「ぱらぴか祭り」

と言ったところでしょうか。メータ以外、アルカディア号にはイマイチ実用的なグッズではないような気もしますが・・・・
関連記事

テーマ : 【DIY】Do it Yourself!!!【DIY】    ジャンル : 車・バイク

Comments

また面白そうな事やってますね。
僕も詳しくはないのですが、交流→直流変換はレクチファイヤではだめなのですか?
こんなの↓
http://www.shikoku.ne.jp/marukawa/new_page_33.htm
http://www.kenspower.com/index.html
(product→LEDparts)
お金をかけずにやるってこと?

それはそうと・・・
いろいろと調べていただいてありがとうございました。
あそこまで調べていただけるとは・・・本当に感謝です。
やたーーーー!!
それだっ!。ビンゴ!です。ありがとうございます!!!!
ソイツで交流→直流変換の高きハードルがクリアできそうです。
ウッズプロスは「強化ジェネレータ」には萌えていたのですが・・・・

いやや、かえって気をもたせてしまったようで申し訳ありませんです。
ダメ元で再度DSや車両販売現地や10Knotでの販売予定(GARRRRの写真のアレって、カーボンでおこしたみたいですね)なんかを調査予定ですが・・・・ちょっと手ごたえ的には難しそうな状況にあります。

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。