1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

― 千葉・房総林道探訪中 ―


プロフィール

でがしらいちろう

  • Author:でがしらいちろう
  • サラリーマン・バイカー&
    スロッター
    (現在廃業中)
    直接のお問い合わせは・・・・
     degashira■gmail.com
    (■をアットマークに)まで。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

- PR -
【取り寄せ商品】 DIA-COMPE DL800 1個 ダイアコ...

【取り寄せ商品】 DIA-COMPE DL800 1個 ダイアコ...
価格:1,410円(税込、送料別)

ブログ内検索
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

24

Category: アルカディア号(XLR)

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

アルカディア号の電気について考える
どうやらアルカディア号は交流発電しているらしいのです。
「交流」とは電気の種類で、たえず+、-が変化している電気だそうです。調べてみると一般的な家庭のコンセントまで送られてくるのもこの「交流」で、その交流に対していわゆる乾電池やバッテリのように+、-が変化しないものを「直流」と言うそうです。
まぁ、どちらも直結するとショートしたり、体に流すと危ないのは同じようです。

でだ、突然ですがアルカディア号に「バッテリを搭載したい」のです。
(セルを付けたいのはありません)
理由は簡単で、ネオン管はじめ最近低価格化が進むエレキグッズを搭載してみたいのです。
そうすればオート○ックスでもイエ■ーハットでもバッテリ・レス車ゆえ今まで避けていた、恋人達で賑わうエレキグッズコーナーに堂々と足を踏み入れられるという明るい「あした」がやってくるのです。

ここで「あしたのために」方策を考えます。
●あしたのために(その1)―バッテリを「ただ」括りつける
・バッテリと幅広タイラップを買って括りつけるだけ(お手軽)
・あとはエレキグッズの+、-を間違えずに接続すればオケ(簡単)
・走っているときは充電されないので電池切れをおこす(不安)
・毎度毎度充電してやらなくてはならない(面倒臭い)。
●あしたのために(その2)―ちゃんと充電してやる
・それこそ普通の車とかと同じで電池の寿命まで付けっぱなし(理想的!)
・交流→直流に変換してやらにゃならない(一気に難しくなる)

こんなところでしょうか。

さらにあしたのために(その2)は
その2-A『エレキグッズのみの使用を前提とする』
・既存の電線に追加する形になるのでまだ安心。
その2-B『灯火系含め直流化する』
・灯火類の明るさが安定する(かも?)。

こんなオプションが用意されるという検討結果に至りました。
この結果より目標を設定します。ズバリ「あしたのために(その2-A)」。
最大の難関は「交流→直流」変換となるでしょう。これを考えるだけですでに投げ出したくもなっていますが、果たして実現出来るでしょうか。今、あしたに向っての第一歩を踏み出すのでありました。

Special Than-X:モーターブレス
関連記事

テーマ : 【DIY】Do it Yourself!!!【DIY】    ジャンル : 車・バイク

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。