1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

― 千葉・房総林道探訪中 ―


プロフィール

でがしらいちろう

  • Author:でがしらいちろう
  • サラリーマン・バイカー&
    スロッター
    (現在廃業中)
    直接のお問い合わせは・・・・
     degashira■gmail.com
    (■をアットマークに)まで。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

- PR -
【取り寄せ商品】 DIA-COMPE DL800 1個 ダイアコ...

【取り寄せ商品】 DIA-COMPE DL800 1個 ダイアコ...
価格:1,410円(税込、送料別)

ブログ内検索
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

04

Category: 雑記・その他

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

東京自動車展示会皇紀2665年(川崎さん)

IMG_1732_1104.jpg

先ずは日本で初公開となる「ZZR1400」。倒立+ラジアルマウントのキャリパ、ビルトイン・ウインカ、眉間のラムエア導入口は現在のカワサキスーパースポーツ系では標準的なフューチャ。顔つき(ライト周り)は独立4眼は前作(ZZR1200)同様に好みの分かれるところか。180馬力オーバーのエンジンが与えられるということからもカワサキ・フラッグシップはZZRに在りという明確な答えかもしれない。

IMG_1750_1104.jpg

続いてKX-F。詳細は不要であろう。このカワサキのライムグリーンって子供ウケがいいのか、「みどりいろのばいく~」というチルドレンの声を聞く事多々。そういえば最近のカラーリングって緑+「黒」をうまいこと配色していると思う。

IMG_1733_1104.jpg

最後にZX-RR。車番56は中野車。背後で一段高く奉られているのは10R。涙型のヘッドランプは06仕様?。個人的には前(05)の方がいいかな(さらに言えば6Rみたいな方が・・・・)。

個人的な印象であるがここ1、2年のカワサキって前とはちょっと違うような気がする。「硬派」とか「スパルタン」とかは見た目上は影をひそめつつあるように見えても、それでいてスペックは「コダワリ」が脈々と継承されて(継承しようとして)たり。それがいいのか悪いのかは解からない。

相変わらずはオイルのニジミくらいかな。
関連記事

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。