1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

― 千葉・房総林道探訪中 ―


プロフィール

でがしらいちろう

  • Author:でがしらいちろう
  • サラリーマン・バイカー&
    スロッター
    (現在廃業中)
    直接のお問い合わせは・・・・
     degashira■gmail.com
    (■をアットマークに)まで。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

- PR -
【取り寄せ商品】 DIA-COMPE DL800 1個 ダイアコ...

【取り寄せ商品】 DIA-COMPE DL800 1個 ダイアコ...
価格:1,410円(税込、送料別)

ブログ内検索
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

01

Category: 雑記・その他

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

もんじゃ:浅草
DVC00026s.jpg


去る2/26のことである。

父が子供の頃はいわばおやつみたいなものだったらしい。
西日本出身の友人には「ゲ■みたい」とビジュアル的に食欲を削がれるいわれ方もあったりした。

しかし、素材はどこもそんなに変わらないのにこんなにうまい/そうでないの差が明確になるのはなぜなんだろう。

おさそいの入感はいつものケンちゃんより。
土曜の昼、さてランチはなににしようか(ど~せ、吉かMcかと選択肢はえらい狭いが)、と考えてた矢先のお誘いなので快諾し、所々で渋滞にハマリながらも浅草到着。即入店。

もんじゃって果たして空腹はみたされるのか?。素朴な疑問をいだきつつヘラでつつく。
鉄板奉行を彼に任せて3人で都合4枚。
コレが意外や意外。とろろのいそべ焼も手伝い結構腹にたまるもんだ。

ウチの親父殿、焼くときの手つきが妙に慣れていたっけ。
そんなことを思い出しながら親父殿の好物の舟和の芋ようかんを土産に日の暮れた浅草を後にするのであった。
関連記事

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。