1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2017

― 千葉・房総林道探訪中 ―


プロフィール

でがしらいちろう

  • Author:でがしらいちろう
  • サラリーマン・バイカー&
    スロッター
    (現在廃業中)
    直接のお問い合わせは・・・・
     degashira■gmail.com
    (■をアットマークに)まで。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

- PR -
【取り寄せ商品】 DIA-COMPE DL800 1個 ダイアコ...

【取り寄せ商品】 DIA-COMPE DL800 1個 ダイアコ...
価格:1,410円(税込、送料別)

ブログ内検索
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

24

Category: 林道 X-FILEs【県外】

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ファイル#A-006【広島:鹿老頭林道】
日付:2005/08/08
路面状態:ダート
起点:N34^40'12.--"/E132^20'13.--"(安芸太田町平見谷)
終点:N34^40'44.--"/E132^20'35.--"(安芸太田町平見谷)
距離:8km(らしい:完抜)

当「林道X-FILEs」では少なくとも起点・終点の画像を掲載するようにしている。それは実走したという証と路線名を少しでも明確にしておきたいということからなのだが、この路線に関してはそのような画像は残っていない。本来ならば当然「ボツ」となる路線を何故にわざわざ取り上げるのか。それはこの路線の特色がこれまで紹介させてもらったものとは大きく異なるためである。

今回(2005年8月)のツーリングでは多分にして例に漏れず「TM」(ツーリングマップル2005年度版)の情報から中四国隊長殿に訪問先を決定してもらって走っているのであるが、そのTMにこの路線が紹介されているので無断で引用させてもらおう。

「所々草に覆われた山中路
 展望開けずダート8km」

ズバリ、草ぼうぼうなのである。
それは千葉の山間でも経験しいている地面を覆い隠しているという状態を越え、ススキと思われる草がアルカディア号RTR/SE自慢のデュアルライトをゆうに越える高さまで生長し行く手を阻む。日が西に傾き始めた時間であったことも手伝い足元が全く見えない状況というのに否が応でも恐怖心を掻き立てられる。もし崩落や倒木等があった場合はひとたまりも無い。

ゆえにデジカメを構えるような余裕さえなく、「早く抜けたい・・・・」と途中途中に出現するアスファルト路面で心底思ったのであった。

今思えば路面の状況自体は比較的安定していたようにも思えるのだが、走行中はそのようなことは一切、見る・考える余裕もなかった。次に当地を訪れる場合は刈り払い機を持参したいと思う。

※緯度経度、距離はTMを参照させていただきました。
関連記事

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。