1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

― 千葉・房総林道探訪中 ―


プロフィール

でがしらいちろう

  • Author:でがしらいちろう
  • サラリーマン・バイカー&
    スロッター
    (現在廃業中)
    直接のお問い合わせは・・・・
     degashira■gmail.com
    (■をアットマークに)まで。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

- PR -
【取り寄せ商品】 DIA-COMPE DL800 1個 ダイアコ...

【取り寄せ商品】 DIA-COMPE DL800 1個 ダイアコ...
価格:1,410円(税込、送料別)

ブログ内検索
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

27

Category: OFF

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

梅雨の合間の房総ツーリング
IMG_1284_0627s.jpg

お陰様で当ブログ林道探訪問記も50件を越すことができ、林道情報サイト・ブログでも中堅くらいになりつつあります。これもひとえに皆さまの暖かいご声援あってのことで心より感謝しております。

これまでの紹介した林道ファイルは基本的に当ブログのみならず他の大御所サイトでもすでに公開済みで、かく言う自分もそれらサイトの情報を元に地図上でおおよその位置を把握、現地に向うというようなスタイルでした。

今回ご紹介させていただく路線は千葉県の北東部にスポットをあて、ネットでもあまり紹介されていないマイナな路線を紹介しようと思います。

現地へは軌跡記録とおおよその林道所在地を記録したGPSのみ。地図さえ持たず一発現地調査とし、そんなツーリングですからお誘いの声かけもしのびなく単独紀行としました。

(1)上別所線
(2)木原山線
(3)木原新田線
(4)家之子1号線
(5)家之子2号線
(6)植草線
(7)粟生線
(8)姫島根蔵線

現地訪問前、九十九里海岸までの距離約20kmの地域の林道にはそんなに期待はしていませんでした。また房総丘陵の北側で比較的平野部にかかるという地形から林業よりも稲作が盛んであろうことが容易に想像できます。

ところが・・・・
今回はヘバって8路線程度で現地を後にしましたが、舗装道ばかりだろうという予想は良い方に裏切られ、全体的に路面は中・南房総の砂岩粘土質?とは異なり、関東ではおなじみの赤土~関東ローム層。先週続いた雨のおかげでいい具合に湿ってます。林の中はいくつもの作業道が分岐し、それらをも走ってしまうと結構な距離を走行することになります。

ただし他の林道にくらべて(入り口・出口を)非常に探しにくいです。理由は林道標識が存在しない路線が多いということが挙げられ、探すのに右往左往することもしばしば。

あと他にあまり見かけない特色で、かなりの確率で林道途中に隣接して何故か「お墓」があります。

思った以上の収穫?にとても満足だった千葉北東部。現地までの移動距離の短さからも再度訪問する予定です。お楽しみに。


ブログランキング くつろぐ
関連記事

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。