1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

― 千葉・房総林道探訪中 ―


プロフィール

でがしらいちろう

  • Author:でがしらいちろう
  • サラリーマン・バイカー&
    スロッター
    (現在廃業中)
    直接のお問い合わせは・・・・
     degashira■gmail.com
    (■をアットマークに)まで。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

- PR -
【取り寄せ商品】 DIA-COMPE DL800 1個 ダイアコ...

【取り寄せ商品】 DIA-COMPE DL800 1個 ダイアコ...
価格:1,410円(税込、送料別)

ブログ内検索
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

24

Category: 雑記・その他

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

決定的な敗北から立ち直れず。
20050124180547s.jpg

食通ぶるつもりは毛頭ないのだが、最近よく遊んでもらっているケン君に誘われ某ラーメン屋へ行ってみた。
先週に放映されたラーメン番組で紹介された店である。場所は予め地図で調べておき、カーナビにセットしてGO。
折りしも小雨がぱらつき始めた冷たく寒い夜であった。

さて現着。
店の前にはすでに5、6人の待ち人が。
店名にちなんで水戸の千波湖の馬鹿話をしながら先ずは入店までの待ちの時間をつぶす。

店内は暗めにライトアップされ、カウンタ越しに厨房に向かう席8席はもちろん満席。
そこには弾む会話よりも必死に麺をすする面々がいるのであった。

さらにその後方にも7~8人くらいの待ち人が。

そんなこんなで現着後30分くらい経過後にお目当てのラーメンにありつけるのであった。
(ちなみに注文は後方に待機中に尋ねられる)

オーダーは「スペシャル」(¥1,000)+「づけごはん」(¥350)。
オーダー時にスープの加減(濃いめ/薄め)を聞かれるので「濃いめ」をチョイス。

割り箸を割りこの日初めての固形物を口にしたのであった。
いざ・・・・ん?ホントにコユク(濃く)ないかい?
魚のダシを濃厚に煮詰めた(であろう)スープは例えて言うならば我が実家のお袋が作る湯豆腐のつけ汁に似ている。つまり「濃い」。確かに味は濃い目、お酒は温めの燗、肴は炙ったイカ、女は無口・・・・を好んではいるがその濃い目になれた口にも濃く感じる。

先人たちの例に漏れず交わす言葉も少なく、一気にどんぶりをたいらげ帰路につく。

車内にて・・・・
「どうだった?」
「どうでしょう?」
「確かに魚系だヨね」
「そうスけど・・・・」
(一同)「濃い!」

でもって結論!
「わからんのでまた行って「薄め」を食べて判断(何をだ?)」

それにしても・・・・
スペシャルとは言え1杯1000円。
いつのまにか高級料理に昇華してしまったのですね。
関連記事

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。