1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  03 ,2017

― 千葉・房総林道探訪中 ―


プロフィール

でがしらいちろう

  • Author:でがしらいちろう
  • サラリーマン・バイカー&
    スロッター
    (現在廃業中)
    直接のお問い合わせは・・・・
     degashira■gmail.com
    (■をアットマークに)まで。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

- PR -
【取り寄せ商品】 DIA-COMPE DL800 1個 ダイアコ...

【取り寄せ商品】 DIA-COMPE DL800 1個 ダイアコ...
価格:1,410円(税込、送料別)

ブログ内検索
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

13

Category: アルカディア号(XLR)

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

出発準備
また今年も向かいます、四国。
その旅支度として片目となったBajaライトを修理します。
これが結構、高いバルブなんだ。

M&Hマツシマ
<M&Hマツシマ HS1/H4>

M&Hマツシマ:http://www.m-and-h-bulb.co.jp/

交換は至って簡単。クロスのドライバー1本で事足ります。
ライトの裏側のネジ2本を外すと、レンズとりフレクタが外せます。

DVC00244_20070813.jpg
<ライト後のネジ>

DVC00245_20070813.jpg
<ゴロンと取れます>

二眼といっても実はそんな明るくもないンですけど、まぁ、気持ち程度以上の精神的効果は期待できます。

グリーンサム オフロードミラーⅡ
<グリーンサム オフロードミラーⅡ>

そしてすっかり放置していましたミラーを清水の舞台から飛び降りる覚悟で新品に交換します。つけていたミラーがいよいよ調整すらできなくなってしまったので。

オイル&フィルタの交換はいつもの松戸市上本郷バイク屋「モーターブレス」で完了済み。
あとはタイヤの交換だけだー。

んでは行ってきます。


【楽天】ROUTE30
M&Hマツシマ HS1/H4 ホワイトサファイア
高効率ハイパーハロゲンバルブ
定価 5,040円 (税込)
価格 4,320円 (税込 4,536 円) 送料別

【楽天】パーツボックス
グリーンサム オフロードミラーII
小売価格 1,890円 (税込)
販売価格 1,510円 (税込) 送料別


スポンサーサイト

27

Category: アルカディア号(XLR)

Tags: ---

Comment: 4  Trackback: 0

アルカディア号、タイヤ交換
いよいよ山が無くなり、とてもエキサイティングなダートランが楽しめるようになってきたアルカディア号。もはやメッツラーエンデューロ3サハラもただのボーズタイヤになってしまいました。

メッツラー エンデューロ3 サハラ
<メッツラー エンデューロ3サハラ>

中古とは言え提供してくれた方々に深い感謝の意を表します。約8ヶ月、ご覧のようにしっかりと履ききりました。
今、考えれば(山の高いうちは)ON寄りながらも結構いいタイヤだと思いました。
特に印象に残っているのは静岡・愛鷹付近の細かい砂利路面では挙動も穏やかで、スライドする感覚が掴みやすかったような気がします。反面、大名栗のような砕石や浮き砂利は苦手で、結構怖い思いもしました。

そしてブロックタイヤを通勤グに使うということ自体が間違いでということに気が付き、その道のりに1mの未舗装区間も無いということを考えると履き替えるタイヤはもちろん、

ダンロップ D604
<ダンロップD604;(また)中古>

モーターブレス店主をして「こんなタイヤをタイヤメーカーが出していいのか!?」と言わしせしめるD604(言わせしめたタイヤはブリヂストンのヤツとのことでした。2006.11.28修正)。ご覧のようにもろ「アスファルトスペック」です。しかも減らない。モチが良い(らしい)。

午後イチより作業を開始。
千葉県某市は夕刻より雨の予報で、交換をしている最中にも時折降り出してきてしばし作業の中断を余儀なくされました。
ようやく日もどっぷりと暮れた頃に完了し、早速試乗してみようと思いましたが、空もドンヨリとして今にも泣き出しそうな様相。
晴れる日までのオアズケとなりました。

22

Category: アルカディア号(XLR)

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 2

ハンドガード
以前にもハンドル周りのハンドガード(アルミブッシュガード)について少々触れさせていただきました。が、ハンドルもハンドガードもまだ装着していません。

参考:アルカディア号、ハンドル周り

なのに何故かハンドガードを購入してしまいました。

マグナムプラスチックブッシュガード
<マグナム「プラスティックブッシュガード」>

ハンドガードの必要性は人それぞれかと思いますが、①草木から指先を守る。②転倒時に指先やレバーを守る。③オフ車っぽくてカッコイイ。④ウインドウプロテクションなどでしょうか。
デメリットとしては(費用はさておき)ハンドル周りの重量増加やほとんどの製品がグリップをオープンエンド(貫通している)のタイプに変更しなくてはならなくなります。

で、なんで買いなおしたかですが、アルミとは言え金属。ただでさえフォークにマウントされたBajaライトにより重たいハンドル周りをさらに金属パーツの装着で固め、重量を増加させることに少なからず抵抗感を感じた、というのはタテマエです。真意は・・・・よく覚えていませんが、まぁヨシとします。

でも本当に重たいのでしょうか。測定してみました。

【結果】(片側)
マグナム;アルミブッシュガード
マグナムアルミブッシュガード:331g

マグナム;プラスチックブッシュガード
マグナムプラスチックブッシュガード:196g

ノーマルハンドガード:約70g

やはり構造上からもノーマルは群を抜いた軽さ。意外だったのはアルミ製でもっと重たいものかと思いました。6061材(Al-Mg- Si系合金)使用というのは伊達じゃありません。

【参考】日本伸管ホームページ(アルミニウム合金のいろいろ)

組み付けは案の定、説明書なんか付いてませんので適当に仮組してみました。金色に輝くハーディのハンドルと黒いハンドガードの霊柩車ツートン。確かにカッコいいかも。

マグナムプラスチックブッシュガード
<仮組み中>

いよいよアルカディア号に装着!・・・・のつもりでしたが外は寒空。暖かくなってからにしましょう。。。


[PR]ハンドガードの価格をチェック
【楽天市場】プラスチックハンドガード/マグナム
ZEED販売価格:\7,140(税込)
この記事でも紹介させてもらったマグナムのハンドガード。

【楽天市場】ハンドガードINTEGRAL(インテグラル)/ポリスポーツ
SPEED DIRECT販売価格:\6,284(税込)
ポリスポーツのハンドガードはマグナム製とほぼ同じながらも少々安めの価格設定。
輸入元はデイトナだそうで。

ZETA:ジータ/アーマーハンドガードベンド【webike】アーマーハンドガードベンド/ZETA
webike販売価格:\8,887(税込)
手羽先号(CRF250X)にはこのZETAのものを装着してみました。クランプ部分の自由度が高く、取り付けやすいです。


テーマ : カスタム    ジャンル : 車・バイク

23

Category: アルカディア号(XLR)

Tags: ---

Comment: 4  Trackback: 0

IMSビッグタンク
すっかりエントリにするのを忘れていたこのIMSビッグタンク。夏の四国ツーリング直前に松戸市上本郷バイク屋「モータブレス」さんにて装着しました。

IMSビッグタンク
<IMSビッグタンク・・・・でけぇ>

メーカはIMS。そのIMSからはMD22用のビッグタンク(3.2Gai;12.1リットル)も発売していますが、ここはあえてXR600/XR250R(ME06)用(4.0Gal;15.1リットル)を装着しています。

フィットチェック中@モタブレ
モタブレ殿にてフィットチェック中>

理由は上のように容量が多いというのと、ちょっとシュラウド・チックな形状と色・・・・FR(ファイティングレッド)が選べたからです。

取り付けはステアリングヘッドのダウンチューブ側にネジを切ったカラーを溶接してもらい、ME06用のタンクのステ―を介しボルトで固縛、シート側もME06用のゴムバンドで固定しています。

取り付け部
<前側の取り付け部>

流石に満タン状態では重さを感じます。四国ツーリングの山の中で満タン+キャンプの荷物満載状態でコカした時は結構しんどいです。

しかし乗り方によっては400kmをオーバーする航続距離は重いだなんだと口にしながらもやはり魅力で、うっすらと透けて(ほんとうっすら。ナチュラルほどではないですが)見えるガソリンの残量も便利と言えば便利です。

ご覧の通りで、薄汚れたフレンチトリコロールな配色に配色のセンスの無さを感じもしますが、ま、これはこれで「お楽しみ」ということで・・・・。

ダートフリーク:http://www.dirtfreak.co.jp/products/ims-products/bigtank/index.html

テーマ : オフロードバイク関連    ジャンル : 車・バイク

11

Category: アルカディア号(XLR)

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

ホットスタータ(その後)
”その後”と言ってもこのブログを始めた頃にはすでにアルカディア号にはWoodsPros製(取扱:マルカワレーシング)が装着されていますが、装着後約2年が経過しています。

マルカワレーシング:http://www.shikoku.ne.jp/marukawa/

これ、昨年(2005年)秋に載せ換えたエンジンとの相性がバッチシだったようで、その効果は利根川5HEDでも重宝していたようです。

ホットスタータ(WoodsPros)
<隠れた豪華装備!>

ここ最近の季節の変化もあったのかもしれませんが、特に排気音から「(なぜか)なーんか薄いかなぁ。一度、モタブレへ持ち込むかぁ。」なんて思っていたりもしました。よく見ると、

モーターブレス:http://www.motorbreath.jp/

裂けた配管
<あ、裂けてら>

ホットスタータの配管に亀裂が入り2次エアを吸ってました。

とりあえず亀裂が入った部分をカッターナイフで切り落とし接続しましたが、切り落とした分だけ管が短くなり、配管の取り回しのRがきつくなった箇所に後日、再度亀裂が。

屋外で使用されるオートバイ用としてはもの(材質)がものなんで、そんなに持たないンじゃないかと思っていましたが、やはり2年弱が限度のよう。

手元にメクラに適したブツも無かったので現在は放置プレー。
週末までには直しておかなくては。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。