1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  03 ,2017

― 千葉・房総林道探訪中 ―


プロフィール

でがしらいちろう

  • Author:でがしらいちろう
  • サラリーマン・バイカー&
    スロッター
    (現在廃業中)
    直接のお問い合わせは・・・・
     degashira■gmail.com
    (■をアットマークに)まで。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

- PR -
【取り寄せ商品】 DIA-COMPE DL800 1個 ダイアコ...

【取り寄せ商品】 DIA-COMPE DL800 1個 ダイアコ...
価格:1,410円(税込、送料別)

ブログ内検索
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

22

Category: ┣ 204 / Bellair "CB"

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Doppel Ganger 204 / Bellair (3)
DOPPELGANGER 204 / BELLAIR
<204 / Bellair>

 いよいよ制動系統とホイールに手を入れてみました。

・フロントブレーキ

C-STAR;CS813DF
<C-STAR;CS813DF>

 ARUN MSB-206ASに付いてた、おそらくプレス製のフロントブレーキですが、ようやくとうかやっとアタリが出てきたのか若干の制動力の向上が確認されてくるようになってきたものの、ダブルピボットタイプで実売800円を割る価格の手軽さにつられてこのキャリパーに換装しました。

BR-6700 ULTEGRA ブレーキシュー
<BR-6700用ブレーキシュー>

 換装と同時にBR-6700用シュー(シマノ)に変更しようとしましたが、このC-STARブレーキ、アーチのシュー取り付け長穴の幅が狭く、おまけにアーチの左右でこの幅の寸法が違ってたりもしまして、結果的にそのままでは装着できませんでした。
 BR-6700用ブレーキシューのような取り付け調整が出来るシューへ変更する際は、ヤスリにより長穴の拡大加工が必要になります。加工自体はアルミ製ということもあり、割と容易に行えます。
(一応、確認しましたがメーカ、販売店としてはこのように角度が調整できるタイプへの換装は薦めていないそうです。自身で加工しちまったらもちろん保証のゾーンから逸脱し、自己責任の範疇になるっしょからそれを認識した上での加工取り付けになります。)

 またフィニッシュ(表面仕上げ)がポリッシュ(磨き)というわりには甘目で、全体的に細かいスクラッチ(引っかき)痕がありますので、バフ掛けしたようなピッカピカさを期待すると残念なことになるかもしれません(個人的にはあまり気にしない点ではあるものの、一応確認したところ製造上で発生する微細な摺りキズとのことですが、ピカールできれいに磨き上げられます)。

 なお、ケーブルクイックリリースやアーチ開度調整ネジは省かれています。この辺は売価の安さを鑑みるとしょうがない点でしょう。

 シティサイクル向けとはいうものの、性能や価格的には非常に優秀!なのですが、実使用上では全く問題のない位置ながらも、フォーククラウンへの取り付けボルトのネジ山がつぶれてたりと、品質上に不安を感じる要素があるのも事実で、価格に見合ったと言えばそれまでですが、個人的にはもう少し品質が高ければ、同社の他製品にも興味が湧くところです。

・ブレーキレバー

BL-R550-L
<BL-R550-L>

 206 / StreakのVブレ用レバーを装着していましたが、きちんとキャリパー/カンチ用のレバーに交換しました。片側(右)だけなので、財布に優しいです。ケーブルとアウターの長さも調整して合わせてみました。

・フロントハブ

HB-5700 ”105”
<HB-5700 ”105”>

 フロントのハブ軸の左右の突き出しが気になってた(もともと泥除け、前カゴのステー共締め用の軸らしく、軸長が長い)ので、交換してみました。折角なので5700系”105”です。本当はリアのハブに合わせてメッキものを見つけられれば良かったのですが、このハブはシルバーといってもガンメタに近いです(ホール数は32)。

 これまでほとんどがJOYTECH等格安車に採用されているハブしか扱ったことがなかったのですが、つるしの状態(売っている状態)でも軸の回転の滑らかさの違いがわかります。この辺は流石シマノ、ビバ日系メイカー!としか言いようがありません。こんな贅沢を知ってしまったら後戻りが出来なくなりそうです。

・リム、チューブ
Alexrims DM18
<Alexrims DM18>

 リアのコースターブレーキハブが36Hなので、20インチ(406)サイズだとほとんど銘柄選択の余地はありません(探し方が甘いのかなぁ)。おまけにタイヤ幅はトレンドに逆行するような幅広(1.75幅)で、フロント32H/リア36Hと前後同じモデル揃えられることができたのがアレックスのDM18(シルバー) 20x1.5でした。これ、ステッカーを剥がしちゃったら普通のリムとしか見えないでしょう。その奥ゆかしさがたまりません。構造はダブルウォールで、バルブ穴が仏式サイズなのでチューブも交換必須となってしまいました。

・スポーク、ニップル

 いろいろ種類があるようですが、#14鉄は何度か張っているので、今回は#15(SUS)を張ってみることにしました。スポーク色がリム色と同じくシルバーなので、ニップルをゴージャスにアルミ製のゴールドとしてアクセントにしようと思いましたが、オレンジって言った方が正解な色味でした。
 スポーク長はこちらのサイトで計算しましたが、今回は前後とも1mm程度短く算出してしまったようです(後に再計算してみたら、1mm程度短めの計算値でオーダーしていたことが判明)。

 コースターブレーキのアーム固定のステーをもうちょっとなんとかできればよいところですが、これで部品はほぼ換装・装着完了で、ひとまず第二次完成ってとこです。


スペック

ベースフレーム:Doppelganger 204 / Bellair
ハンドルバー:フラットタイプ(L=560mm)
ハンドルポスト:アルミ(d=25mm)+アヘッドステム
バーエンドバー:ロングタイプ(CBA)
ステム:スレッド式
グリップ:ロックオン式
クランク:L=170mm B.C.D.144mm(DC1;ドッペルギャンガー)
ペダル:フラットタイプ(VP;type 369)
チェーンリング:50T(スギノ;MIGHTY NSJ/厚歯)
BB:ISISカセット式 d=68mm L=113mm(タンゲ;LN-7912SP)
スプロケット:14T(シマノ;一部加工)
チェーン:1/8
フロントブレーキ:デュアルピボットキャリパー(C-STAR;CS813DF)
リアブレーキ:コースターブレーキ(シマノ;CB-E110)
ブレーキシュー:シマノ BR-6700用(フロントのみ)
ブレーキレバー:BL-R550-L(シマノ;右のみ)
サドル:VELO VL-1326
シートポスト:500mm(ドッペルギャンガー ロングシートポスト)
リム:20インチ(406)x1.5 (F:32H / R 36H;alexrims DM18)
スポーク:SUS#15(DT Champion)
ニップル:アルミ(CL SPOKE)
フロントハブ:クイック式(シマノ;”105”HB-5700)
タイヤ:20(406)x1.75 スリックタイプ(SHINKO DEMINE 20)
チューブ:Panaracer 20x1.5-1.75(仏式)
リムテープ:KENDA
サイコン:ワイヤレス式(CATEYE;CC-VT210W/Y)
ヘッドライト:LED
テールランプ:LED(CATEYE;TL-LD130-R)
その他:カギ(SERIA)、ベル(SERIA)、チェーン引き(ホダカ製流用)
ケツ:ノーマル(ホール数;1H)

スポンサーサイト

12

Category: ┣ 204 / Bellair "CB"

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Doppel Ganger 204 / Bellair (2)
 遅まきながら新年あけましておめでとうございます。

DOPPELGANGER 204 / BELLAIR
<ドッペルギャンガー 204 / BELLAIR>

 昨年(2010年)暮れに試走し始めた204 / Bellairですが、割と軽めに仕上がった重量の恩恵とコースターブレーキにより、予想以上に面白い車体になりました。

 そうなってくると不満な点が顕わになってきて、いくつかの箇所を改良してみました。

・サドル(VELO VL-1326)
 特に不満を感じるまで乗り込んではいませんでしたが、見た目を優先してスポーツチックな形状のものに交換してみました。

・チェーン引き

チェーン引き
<チェーン引き>

 ベースが変速機つき用のフレームなので、通常のチェーン引き構造は実現できません。ブラケットのダボ穴にL型プレートを取り付け、ホムセンで売っていたホダカのチェーン引きを取り付けてみましたが、ほとんど見た目だけっぽいような気がします。

・クランク+チェーンホイール(DC1 + SUGINO MIGHTY 50T NSJ)

DC1 + MIGHTY 50T +VP369
<DC1+MIGHTY 50T+VP 369>

 某オクでたまたま出品されていたDoppelgangerのD-BLADEのチェーンホイール(DC1)を標準のオレンジ色56Tからスギノ MIGHTY 50Tに変更して装着しました。この歯数を踏めるか不安ですが、しばらくこれで行ってみます。

 ちなみにチェーンラインの関係から、チェーンホイールの取り付けが外側からになっていますが、これだとクランクボルトが締め込みきれなくなってしまうので、1mm程度のワッシャを作って調整しました。

・カセット式BB

TANGE LN-7912SP
<TANGE LN-7912SP;L=113mm>

 ノーマルのカップアンドコーンのままで良かったのですが、DC1のクランクがISIS規格のためにTANGEのBBに変更を余儀なくされました。なおこのBBもフィキシングボルトは付属していないので、別途必要になります。そのボルトも意外と高価なのには驚きました(某オークションでも1,000円弱~)。

・ペダル(VP COMPONENTS 396)
 当初、換装するつもりは無かったのですが、ゴツさが無いこのVPのフラットペダルに交換しました。が、正直言って軸の回転がいまいちです。もっと走ればアタリが出て、スムーズになるのでしょうか。

 このほかには例のごとく模型飛行機用のフィルムをハンドルポストに貼り付けたくらいでしょうか。次はお世辞にも効くとは言えないフロントブレーキ系をいじくってみます。

Continue

13

Category: ┣ 204 / Bellair "CB"

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

Doppel Ganger 204 / Bellair

Doppelganger 204 / Bellair
<試1車;Doppelganger 204 / Bellair>

 内部的には「試1車」と呼称とされ、極秘裏に開発が進められていたDoppelganger 204 / Bellair(ベルエア)。残課題・不安要素をを残しつつも、一応は走れる状態になった。


Doppelganger 204 / Bellair
<ハンドル周り>

 フラットバーは無名の一刀を580mmから560mmに寸詰め。何かの純正アヘッドステムを介し、206 / Streakと同じようにアルミパイプを加工したステムポストに取り付けられる。

Doppelganger 204 / Bellair
<ブレーキキャリパー>

 フロントブレーキはMSB-206AS純正のキャリパータイプ。フロントハブの軸がフェンダー等の共締め用なのか長く飛び出ている。ハブは安価なJOYTECH製。

 クランク+チェーンリングは20-FB-MTB純正40T。薄刃なのでチェーンがガタつき、要・改善。ペダルはWelgoの安売り品をチョイス。

Doppelganger 204 / Bellair
<要・改善箇所>

 リアブレーキ機構はコースターブレーキ(CB-E110)。スプロケットのサイズは14T。タイヤは前後ともSHINKOのスリックタイプをこれまた無名のリムに装着。サイズは20 x 1.75(406)。1.50サイズよりも外径が大きい1.75サイズ。CB-E110のアームはVブレーキの台座(M10細目)からL字ステーとプレートを介してM8ボルトで締結。目立たないように配慮したつもりだったけど、ちょっとゴツ過ぎた。反省。

Doppelganger 204 / Bellair
<ロングシートポスト>

 シート周りはポストにDoppelgangaerのオプション品;ロングポスト、サドルは転がっていた20-FB-MTB純正を装着。テールランプは使い慣れたCATEYEの汎用品。コイルワイヤロックは防犯効果にあまり期待できない100均のもの。

 ハンドル周りに戻って、先ずは安売りのLEDライト。クランプ部分を購入直後に割ってしまったのでタイラップで縛って固定。また、せっかくのすっきり感?を損ないたくなかったのでサイコンはワイヤレス化。ベルは100均で調達したけどコイツの鳴り(響き)はすこぶる悪い。

 ブレーキレバー、グリップは何のものだか不明。レバーはおそらくVブレーキ用。レバー比が(キャリパー式とは)異なるので、いまいちな感じがしなくもない。ワイヤーのラインはちょっと長いので短くしたいところ。バーエンドはあまりにも小物パーツばかり取り寄せてもらっていて申し訳なく感じ、最寄の「あさひ」にて新品購入。

・・・・こんな感じからのシェイクダウンは近日中に決行予定。こうご期待。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。